【S15使用構築】最高最終2114 進撃の脳死ヤミヌケ ~絶対に影踏みキャッチしたいマン vs 絶対にキャッチされたくないマン~

お久しぶりです。最近は呼び名がTNのステラで通っているもっちです。

先日はBattle Frontier 2nd に参加してボコボコにされました。

あ、最近面白い映画が多いですね~。ゴジラ、アラジン、あとアベンジャーズ!(見てない)当方映画好きなので次は何を観ようかワクワクします。

 

ところで、USUMシングルレートS15お疲れさまでした。

今シーズンはデフレシーズンとも呼ばれていた?らしく、最終日に1980~2050あたりを延々とうろうろしていましてなかなかレートが伸びなくて困っていたのですが、たった1度きりの上振れを期待して最終日の朝9時前ギリギリまで諦めずに潜り続けた結果、なんとかバグレベルの対戦回数を経て自身初のレート2100を達成することができたので記念に記事を書きました。お暇な方はどうぞ。

注)当方飲酒しながら書いてるので稚拙な文章お許しください。

 

f:id:mocchi_poke:20190621024025p:plain

 

f:id:mocchi_poke:20190621023705j:plain

 

今回2100を達成した構築はいつものラキファイヤーではなく、初めて握ったヤミヌケです。ヤミヌケを使ってみようと思った理由ですが、なんか強そうだったからです。はい。

 

また、シーズン中僕と当たった方でお気づきの方もいるかと思いますが、今回使用したヤミヌケはぼんばーさんがS14で使用した構築を参考に組みました。S15中に初めてぼんばーさんの構築記事を読んでめちゃくちゃ面白い構築だと思い、試しに使用してみた次第です。ヤミヌケに興味のある方は是非先生の構築記事を読んでみてください。(転載についてご本人様の許可を得ています)

bomber-poke.hatenablog.com

PTに全く同じ調整の個体もいますが、何匹か自己流にアレンジして使用していたので紹介します。なお、変更点は太字にしてあります。同じ調整のポケモンに関しては調整意図は割愛しますのでぼんばーさんの記事を参考にしてください。

 

【個体紹介】

 

1.ヤミラミヤミラミナイト

f:id:mocchi_poke:20190621030122j:image

特性:悪戯心→マジックミラー

性格:図太い

努力値H252 B252 D4

技構成:イカサマ 鬼火 自己再生 守る

 

元記事のヤミラミはDに割いてギルガルドシャドーボールZを耐える調整でしたが、リザXやキノガッサなどの物理を受けるにあたってヤミラミの役割をはっきりさせたいと思い、今回はHBぶっぱにしました。基本的にAの高いステロ撒き(マンムーガブランド)に対し後投げしなければいけず、HBに特化したことで勝てた試合も何度かありました。

先発ミミッキュと対面してしまい、裏にステロ撒きがいる場合、メガシンカはしておきたいものの安易に守るとドヒドイデに引く前に2回剣舞を積まれてしまう可能性があるというような場面が何度かありました。そこでHBぶっぱの利点なのですが、先制鬼火を当てるとメガ前でも特化ミミッキュミミッキュZ+影うちをギリギリ確定耐えでき、自己再生でHPを半分ほど確保した状態で後続に引けます。ただ、HPが半分だと裏のポケモンがステロ撒きと対面した際にヤミラミに引くか居座るかの択になります。笑

初手に来るリザードンXは悠長に剣舞から入ってくれることが多かったので、ヤミラミのHPを絶対に削らせてはいけない構築以外は積極的にイカサマを撃っていました。

ただ、ほとんど選出しませんでした。ぼんばーさんも言うようにヤミラミは構築にいることに意味があるとよく感じました。

 

2.ヌケニン@気合の襷

f:id:mocchi_poke:20190621030210j:image

特性:不思議な護り

性格:寂しがり

努力値:A252 S252

技構成:影うち 鬼火 どくどく 守る

 

ぼんばーさんと同じ型にしてた "つもり" でした。

ヤミヌケ初心者だったのでヌケニンの性格にB下降補正をかけた上でB個体値を低めに育成していないとB>Dになってしまうことを知りませんでした…笑

運用する上でほとんど問題ありませんでしたが、最終日2日前にポリゴン2にダウンロードでCを上げられやっとそこで気づきました。

しかし最強の詰ませ性能を誇るヌケニンはやはり強かった。砂+電気枠がいるときつかったですが、コケコやボルトロスなどのヌケニンに打点を持たない連中がカバルドンバンギラスに引くタイミングで水Zゲッコウガを合わせると水Zが誰も受からなくて脳汁出ました。

 

3.ハピナス綺麗な抜け殻

f:id:mocchi_poke:20190621030237j:image

特性:自然回復

性格:穏やか

努力値:H4 B252 C188 D60 S4

技構成:卵産み 冷凍ビーム 地球投げ どくどく

 

オリジナルは持ち物がピンチベリーでしたが、構築的にゲロ重い滅びゲンガーにドヤ顔したくて綺麗な抜け殻での採用としました。アンチ滅びゲンガー。

f:id:mocchi_poke:20190621014541g:plain

これによってゲンガーがどんな型でもハピナスで対応できるようになり、ゲンガー入りに対する高い勝率を保持することができました。滅びゲンガー対面では、滅び3,2ターン目は冷凍ビームで適当に遊んで、相手のゲンガーの滅びターンが1になるターンに水Zゲッコウガに引いて裏のポケモンを吹き飛ばす動きが強かったです。努力値を振る前に冷凍ビームの枠を迅速にゲンガーを処理でき、アーゴヨンへの打点ともなるサイコキネシスと悩みましたが、サザンドラが重くなりすぎることに気づき、元記事通りの調整としました。

またこれは偶然の産物ですが、ゲンガーが悠長に滅んでいる間にC188振りハピナスの冷凍ビーム×2を当て、交代先のテッカグヤのA4振りヘビーボンバー+宿り木の種で大体のH振り滅びゲンガーが道連れできずに落ちます。地味に偉かった。ゲンガーの気合玉でDが下がったり、ヘドロ爆弾で毒をひいてもドヒドイデに引いて誤魔化せる点も良かったですね。ゲンガーでキャッチしたはずなのにハピナスが交代してきて何が起きたか分からず対戦相手がフリーズしてる時間が最高に気持ちいい。

 

4.テッカグヤ@残飯

f:id:mocchi_poke:20190621030423p:image

特性:ビーストブースト

性格:呑気

努力値:H244 A4 B252 C4 D4

技構成:ヘビーボンバー 火炎放射 目覚めるパワー氷 宿り木の種

 

ヘビーボンバーを採用していたので性格を図太いから呑気に変更し、オリジナルのS4振りからA4振りにしました。主にマンダ受け。上位勢はこの構築のテッカグヤにヘビーボンバーがないことを知っている人もいたので結構テテフやバンギが突っ張ってくることもありeasyできる試合が時々ありました。守る読みの竜舞や身代わりなども美味しかった。

個人的には守るが欲しい場面以上にヘビーボンバーがあってよかったと感じる試合が多かったです。

 

5.ドヒドイデ@黒いヘドロ

f:id:mocchi_poke:20190621030452j:image

特性:再生力

性格:図太い

努力値:H252 B76 D180

技構成:トーチカ 熱湯 黒い霧 自己再生

 

そのまんまぼんばーさんのドヒドイデ。間違いなくこの構築のMVP。

語ることが多すぎるので調整意図や運用方法などはぼんばーさんの記事参照。

オリジナルの記事の中で一番感心したドヒドイデです。困ったらとりあえず出しとけば腐ることはありませんでした。構築的に撃ち落とすランドが無理なのでそれっぽいランドと対面してしまったら熱湯ガチャから入りました。笑

リザX対面は黒霧連打。逆鱗で固定してきたらトーチカ。最強ムーブ。

 

6.ゲッコウガ@水Z

f:id:mocchi_poke:20190621030458j:image

特性:激流

性格:控えめ

努力値:H12 B12 C252 D4 S228

技構成:熱湯 ハイドロカノン 身代わり 奮い立てる

 

こちらもそのまんまゲッコウガ。一度使ったら病みつきになる火力でした。

毒や火傷のスリップダメと身代わりの相性が良かったです。C+1の激流水Zでドヒドイデやレヒレを吹っ飛ばした時の快感たるや。リザ入りや水Zの通りがいいPTに初手投げしてました。

 

 

【感想】

 初めてヤミヌケを使用してみて感じたのは、1.ドヒドイデが強すぎる、2.ヌケニンの詰ませ性能、交代強制力が優秀すぎる、3.水Zゲッコウガつおい(脳汁)でしたね。初めての21達成ということで結果だけ見るといかにも高尚なプレイングをしていたかのように見えますが、僕は基本なんも考えてません。読みレベル中坊です。有利対面になるようにひたすら交代してるだけでしたね。はい。それだけこの構築の元々の完成度が高く、環境に適応できていたという感じではないでしょうか。なんなら、20達成するまではヤミヌケは試運転のつもりだったので受け回し系のPTではありえないことですがppすら増やしてませんでした。笑

唯一辛かったのは受けミラーになった際に発生する1ターン目からの地獄の早押しバトルでしょうか。1試合に2時間くらいかかった時もありましたが、腱鞘炎になりそうでした。

あ、あと記事で少し触れましたが、撃ち落とすを搭載したZランドロスがきつ過ぎました。そういうのいいんで、やめてください。

 

来期のS16はUSUMで最後のレートシーズンとも噂されていますね。多分いつも通りレートには潜ると思うのですが、使う構築は決まっていません。ラキファイヤーとヤミヌケ以外がいいです。構築ください。

今期対戦してくださった皆様、ありがとうございました。ボスラッシュ含めS16もよろしくお願いします。

USUM S13 最高2083 ラキファイヤーサイクル

お久しぶりです。もっちです。皆様S13お疲れさまでした。

TN:もっち romが死んでしまったので今期はTN:ステラで潜ってました。

 

f:id:mocchi_poke:20190110131410p:plain

f:id:mocchi_poke:20190110131651j:plain

 

最近はリアルが忙しく、あまり腑抜けていると教授に怒られるので片手間に使ったことのないポケモンの育成と試運転ばかりしていました。年末年始で時間のとれた今期は終盤からガチでレートを上げに入り、シーズン9以来のレート2000達成、自己最高レートとなりました。正直、今期は2100行きやすそうだったので、あと少しのところで心が折れてしまったのは少しもったいなかったかなと感じています。

 

今期はS10で惜しくもレート2000を達成できなかったグロスジャラランガや、バトンタッチグライオン、鈍感めいそうてっぺきヤドラン、控えめゲンガー、カバリザなど本当に様々なポケモンを使ってみましたが、レート1800台を抜けられなかったので最終的にいつものラティクチに落ち着きました。対戦回数がバーストしているのは概ねそのせいです(笑)恥ずかしいですが。

この構築は余程勝てなくなった時以外、今後使う予定はないです。

 

以下、S8からあまり変わっていませんが個体紹介と感想を少し。

(調整意図は前回の記事参照してください)

 

 

【個体】

 

クチート@メガ石

f:id:mocchi_poke:20180309221918g:plain

特性:いかく→ちからもち

性格:いじっぱり

努力値:A252 S172 余りH

技構成:じゃれつく ほのおのキバ かみなりパンチ きあいパンチ(New!)

 

ヒードランに親を殺された。S無振りメガバンギ抜きクチート。受けル破壊型。

雨パには初手に出してニョロトノやぺリをしばいた。特性の発動順から、ニョロトノの方が早かった場合は水Zであることが多いためラッキーに引くなど対応できた。

クチートのふいうちはPGLでも採用率90%を超えていることもあり、相手が勝手に補助技や交代を選択してくるので

『ふいうち要らなくね???』と思い技構成を変更。ふいうちは第5の技。

ヒードラン絶対〇ス。

きあいパンチってなんだよwwwと思うかもしれないが、この娘は殴り倒してきたヒードランたちの屍の上に鎮座している。自分でもびっくりするくらい決まった。

がしかし、ヒードランに対してはラッキー投げ安定なので選出率6位

 

 

 

ラティアス@メガ石 

f:id:mocchi_poke:20180309225135g:plain

特性:ふゆう

性格:おだやか

努力値:H252 B4 C36 D180 S36

技構成:めいそう みがわり はねやすめ シャドーボール(New!)

 

ラブリーチャーミー。ラティアス

こちらも個体はいつもと同じ穏やか色ラティアスだが、シーズン終盤に攻撃技をサイコショックからシャドーボールに変更した。変更理由としては、ステロを撒かれたあとだとメタグロスに対するファイヤーの受け出しに限界があることと、舐めたギルガルドをみがわり→シャドーボールで分からせるために採用。今まで何もできなかった激流ゲッコウガ相手にも仕事ができてナイスだった。

ただ、今までCを最低限サイコショックで耐久無振りゲンガー、バシャーモを落とせるくらいにしか振っていなかったので、全然火力が足りない。めいそう積まないとお話にならない。ショック切ったのでレヒレ、ガモスと積み合いになると泣きそうになりました。

最終日は結構メタグロスギルガルドに刺さったのでまあよかった。

選出率4位

 

 

 

カプ・テテフきあいのタスキ

f:id:mocchi_poke:20180310001228g:plain

特性:サイコメーカー

性格:ひかえめ(New!)

努力値:CSぶっぱ

技構成:ムーンフォース サイコキネシス サイコショック ねごと

 

個体をおくびょうからひかえめに変えました。おくびょうだと微妙に火力が足らないことがあって、いやなきもちになった。

キノガッサ、初手がんせきふうじやめてください。壊滅します。

選出率5位

 

 

 

ミミッキュミミッキュZ

f:id:mocchi_poke:20180309233352g:plain

特性:ばけのかわ

性格:ゆうかん

努力値:H164 A252 B92

技構成:じゃれつく かげうち のろい トリックルーム

 

つよい(意味:つよい)

 

 

 

・ラッキー(New!)@しんかのきせき

f:id:mocchi_poke:20190110140711g:plain

特性:しぜんかいふく

性格:ずぶとい

努力値:H76 B252 D180

技構成:ステルスロック でんじは ちきゅうなげ ねむる

 

本構築唯一の新入り枠。過労死寸前。asamiさんのねむるラッキーを採用した。

ゴースト技を透かせるノーマル枠に以前は電気Zホルードを採用していたが、ホルードには回復技がなく、交代読みのどくどくやせいなるつるぎを撃たれると試合終了の可能性があり安定しないため、回復技のあるノーマル枠として新規参入させた。

受けループに必ず選出される滅びの歌ゲンガーはだいたいこいつで電磁波撒いて裏のポケモンで処理していた。また、毒持ちのギルガルドヒードランなどにあと投げが安定し、ねむるでターンを稼げるのでラス1勝負になってもpp勝ちできた。

物理方面もそこそこ受けることができ、ファイヤーがグロスランドミミッキュなどの物理アタッカーに役割集中で倒されそうな時や、グロス受けに絶対ファイヤーを連れてきていることがバレている再戦時は、突っ張って電磁波から入ることも多々あった。しかし今思うと、物理相手に突っ張るならカウンターを採用すればよかったと少し後悔してます。

今期はスカーフレヒレによく輝石を強奪されていた。

選出率2位

 

 

 

・ファイヤー@オボンのみ(New!)

f:id:mocchi_poke:20180309235112g:plain

特性:ほのおのからだ
性格:ずぶとい
努力値:H252 B252 D4
技構成:かえんほうしゃ おにび どくどく はねやすめ

またしても本構築MVP。ロップ、ガリーラ、ハッサム、ミミカス、ランドなどなど本当に数多くの物理ATKを燃やしてきた。ラッキーと組ませることでギルガルドが物理でも特殊でも両対応できた。今期はみがわりボーマンダが減ったように感じたため、マンダにも意外と対応できた。
必ずと言っていいほど初手に出てくるランドロスに鬼火を入れることで裏で受けまわせるようにしていた。今まではA+2ゴーストZ後に立て直しやすいウイのみを持たせていたが、初手のランドロスがいじっぱりの場合、2発目のがんせきふうじが耐えられないという問題が発覚したため、途中から確定数をほぼ確実にずらせるオボンのみを採用した。ステロ+砂ダメや、ステロ+ガルーラミミロップねこだましでやけどを狙いつついい感じに回復できてナイスだった。
しかし、レート2000付近をうろうろしていた時に同じ相手との再戦が多く、クチートメタグロス対面ファイヤーバック読みがんせきふうじなどという訳わかめな珍事件が発生し始めたため、安易に交代することができず負けに繋がることもあった。ただ、某実況者のラ〇リィ氏には今期2度当たったが2戦2勝だった。

今期レート上位で有名な方々と何度も対戦させていただき、無事型もバレてしまったので今後あまり使う予定はないです。多分。


選出率1位


 

選出

・対ガルランドミミッキュゲコ

ラッキー+ファイヤー+@1(ミミッキュが多い)

・対雨パ

クチートミミッキュ+@1

・対カバマンダガルド

ファイヤー+ミミッキュorクチート+ラッキー

・ゴーリ

ファイヤー+ミミッキュ+@1

・催眠ゲンガーorビビヨン

テテフ+@2

・対受けループ

クチート+ラッキー+@1

・テクスチャーポリZ or イーブイバトンピクシー

ミミッキュ+ラティ+@1

・バロリパ(カバルカリザミミゲコれボルト)

テテフ+ファイヤー+ラティ 

 

 

苦手なポケモン
バンギラス→いやなきもちになる

ガオガエン→チョッキはなんとかなるがZは無理、降参一択

グライオン→いやなきもちになr

・レヒレ→ラッキーで無理やり削るしかない

・ゴーリ→末代まで呪ってやんよ…

 

 


【感想】
今期は新しい風を吹かせるべく、本当にたくさんのポケモンを試しに使ってみましたが、シーズンが終わりに近づくにつれ、やはりファイヤーとメガラティアスの安心感が恋しくなり、元の構築に戻しました。(ホルードはクビにしましたが)
こんなパーティーでレート2000達成してるのが自分でもよく分かりませんが、結果的に自己最高レートも更新することができうれしいきもちになりました。
今期上位で多く見受けられたガルランドミミッキュにファイヤーがぶっ刺さっていたことや、みがわり持ちボーマンダの減少、絶対読まれないどくどくがいい感じに刺さってレートを上げやすかったのかもしれません。
今期2100をあと少しのところで達成できなかったのは残念ですが、またそのうちいい感じの構築ができたらレート2100を目指して奮闘したいと思います。


次は1月下旬のインターネット大会で開催される単一タイプ限定バトルに参加してみようと思い、現在育成と調整を行っています。

また、1月12日の仲間大会ホズラッシュにもこの構築で参加する予定ですので、この記事を読んだ方で私と当たってしまった方は、くれぐれもファイヤー読みの行動をしないでください。お願いします。なんでもしますから。(なんでもするとは言っていない)


ほのおのからだファイヤーは配布限定なので、もし使ってみたいという方がいましたらQRでも公開する予定です。立ち回りや調整意図などについて質問がありましたらtwitter:@spf_poke まで。













 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルード入りS8レート2000達成構築

f:id:mocchi_poke:20180309214714p:plain

はじめまして。もっちと申します。

今回はUSUMシーズン8でレート2002を達成した自慢の地雷ホルード入りパーティーを紹介します。

 

【個体紹介】

 

クチートクチートナイト

f:id:mocchi_poke:20180309221918g:plain

特性:いかく→ちからもち

性格:いじっぱり

努力値:A252.S172.余りH

技構成:じゃれつく ほのおのキバ かみなりパンチ ふいうち

 

圧倒的破壊力により敵を葬るクチートたん。

Sを無振りメガバンギラス抜きまで振ってHBエアームドを上からかみなりパンチでしばくこともあった。また、相手のパーティーに鈍足ポケモンがいない時はミミッキュトリックルームを展開して普通のトリルエースとしても使った。(低レートにはこれで簡単に勝てる。)ただ、現環境にランドロスヒードランが非常に多く、レートがある程度まで上がってからはエースのラティアスが通るようにあくタイプを選出抑制させるだけのみせポケになっていた。

 

選出率5位

 

 

 

ラティアスラティアスナイト

f:id:mocchi_poke:20180309225135g:plain

特性:ふゆう

性格:おだやか

努力値:H252.B4.C36.D180.S36

技構成:サイコショック めいそう はねやすめ みがわり

 

この構築のエースポケモンの1匹で、ウルトラホールで9103回目にして運命の出会いを果たした可愛い色ラティアス

Sは最速70属抜き、CにはCSゲンガーや耐久無振りバシャーモサイコショックで確定1発にできる程度に振った。

圧倒的特殊耐久力でクッソ重いヒードランをはじめ、ゲッコウガやポリゴン2、ボルトロス、レヒレ、リザYなどをめいそうの起点にできる。テテフも眼鏡でなければ起点にでき、Zテクスチャーを積んだポリゴンZの冷凍ビームでさえMAX HPの半分ほどしかダメージが入らないため起点にできる(やばい)。ランドロスメガメタグロスなどの物理アタッカーが重いが、後述するファイヤーで鬼火を入れたらこいつらも軒並み起点にできる。しかし高レート帯に多かった流行の激流ゲッコウガには一切の打点がなく、こちらが引けない場合はあたかも打点があるかのようにめいそうを積みまくって相手の交換を促したりもした。笑

また、俗にいう"ラティクチ"が純粋に刺さっていると判断した場合はメガ同時選出をし、ラティアスメガシンカさせずに運用していた。

 

選出率2位

 

 

 

ホルード@デンキZ

f:id:mocchi_poke:20180309231405g:plain

特性:ちからもち

性格:いじっぱり

努力値:A252.S132.余りH

技構成:じしん れいとうパンチ ワイルドボルト こうそくいどう

 

この構築のエースの1匹であり地雷枠。自慢のデンキZホルード。まず読まれない。

Sは高速移動後、準速メガバシャーモの1加速+1に調整したため、スカーフ読みで1度まもるを選択してくるバシャーモを絶望の淵に叩き落した。

有利対面では高速移動を積んで全抜きしたり、ランドロス読みで冷凍パンチを選択することも多かった。受けループと当たった際はほぼ100%選出しており、グライオンのまもるタイミングで高速移動できれば冷凍パンチで縛れ、エアームドやヤドランもデンキZで対処できた。パーティーに重いメガギャラドスに対しては、相手がASなら威嚇込みでもデンキZで確定1発。H252ギルガルドに対しても地震で確定1発というストレスフリー。マリルリアシレーヌテッカグヤなど初手で対面した際に有利対面だと思って突っ張ってくるやつらも全て仕留めた。また、高速ポケモンの多いパーティーとあたり、メガクチートよりホルードの方が通りが良いと判断した場合はミミッキュと合わせてトリックルームエースとしても使った。

 

選出率3位

 

 

 

ミミッキュミミッキュZ

f:id:mocchi_poke:20180309233352g:plain

特性:ばけのかわ

性格:ゆうかん

努力値:H164.A252.B92

技構成:じゃれつく かげうち のろい トリックルーム

 

流行のHABミミッキュ。S0個体で最遅。

1舞メガギャラドスの滝登りを確定で耐え、メガボーマンダも型によっては1発耐えてトリックルームを展開することも可能で、メガラグラージの雨展開もこの子で止めていた。ラティアスの苦手なアーゴヨンサザンドラに対してもにらみを効かせられていたと思う。基本的にはトリックルームからの切り替えし役、ばけのかわと耐久を生かしたサイクルのクッション役、のろいによるオニゴーリなどの積みポケモンの起点防止として使っていた。Sの速いちょうはつミミッキュが欲しいと思うこともしばしばあったが、なんだかんだ活躍してくれた。ミミッキュ強すぎ。

 

選出率4位

 

 

 

ファイヤー@ウイのみ

f:id:mocchi_poke:20180309235112g:plain

特性:ほのおのからだ

性格:ずぶとい

努力値:H252.B252.D4

技構成:かえんほうしゃ おにび どくどく はねやすめ

 

意外にもこの構築のMVP。環境に多いミミッキュを後出しで止めるために連れてきた焼き鳥。ミミッキュの他にもガルーラ、ミミロップハッサムクチートなどの物理アタッカーに受け出しして火傷させる天才。今作のミミッキュZに接触判定があるためほのおのからだがかなり生きた。ランドロスドリュウズなどの岩技持ちにも一発耐えてウイのみで回復し、鬼火を当てればそこから受けが成立していたため、メガリザードンXバンギラス以外の物理アタッカーはだいたい機能停止させることができた。1800帯くらいまではどくどくのところをエアスラッシュにしていたが、ロトムスイクンなどの特殊で弱点をついてくるポケモンが後出しされるのが嫌だったのと、カバルドンのあくびループを無理やり断ち切るために途中からどくどくを採用していた。ステルスロックがとにかく厳しい上に、物理ポケモンによる役割集中で倒されてしまうケースも稀にあり、HP管理が非常に難しかったが、ウイのみである程度はカバーできていた。特殊受けのメガラティアスと組ませることが多く、物理アタッカーを機能停止させることでほぼ全てのポケモンメガラティアスの起点にすることができた。

 

堂々の選出率1位

 

 

 

カプ・テテフきあいのタスキ

f:id:mocchi_poke:20180310001228g:plain

特性:サイコメイカー

性格:おくびょう

努力値:B4.C252.S252

技構成:サイコキネシス サイコショック ムーンフォース ねごと

 

相手のパーティーにキノガッサモロバレルフシギバナビビヨンがいるときや、テテフの通りがいい場合に初手投げしていた。ねごとを持っているため、キノコのほうしやねむりごな持ちのポケモンに対しては爆発的アドバンテージをとれた。さらに、カバルドンのあくびループからの積み展開をこの子1匹で崩壊させたりと非常に優秀で、選出率は低いが不意にマッチングする催眠パにはイージーウィンできた。また、最近多いチョッキランドロスミミッキュへの最大打点となるサイコショックも有効だった。性格はひかえめと悩んだがきあいのタスキ持ちということで火力以上に素早さを重視してのおくびょうとした。

 

選出率6位

 

 

【基本選出】

ラティアス+ファイヤー@1(メガラティアスによる詰ませパターン)

ミミッキュクチートorホルード(重火力によるごり押しパターン)

ホルード+ファイヤー+メガ枠(対受けループ)

 

【最後に】

ホルードやファイヤーなどのあまりレート環境で見ないポケモンたちを活躍させてあげられたので自分としても満足しています。レートを始めたばかりのころは立ち回りも知識もガバガバなのに自己満でマイナーポケモンを使い、1400代だった頃を思い出し、今日までの成長を非常に嬉しく思っています。笑

ホルードもファイヤーも凄く強いポケモンなので、ぜひ皆さんも使ってみてください。

(レートでホルードをみたらデンキZを疑いましょう。)